×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本国有鉄道




コンテンツ一覧

トップヘ戻る
活動記録
写真館
e-Mail
会規約
リンクページ
鉄道喫茶みち・頒布


今は亡き青函連絡船。
写真左側の客船が十和田丸、右側が渡島丸である。


大糸線中萱〜南豊科にて撮影。
下を流れる小川(用水路)は1813年(文化13年)に完成した拾ヶ堰である。
先頭のED60形電気機関車1号機。


中央東線岡谷〜下諏訪にて撮影。
165系による急行「アルプス」号新宿行き。


中央東線岡谷〜川岸にて撮影。169系の快速「みすず」飯田行き。
 

1983年6月19日、中央東線塩尻駅にて165系試運転列車M537仕業の車内から撮影。
同年7月4日の深夜に線路切換工事が施工され、
7月5日に塩嶺トンネル経由の新線が開通した。


1982年(昭和55年)信越本線熊ノ平信号所にて撮影。
先頭に写る機関車はEF63形3号機で、189系あさまを牽引している。
長野新幹線の開業と同時に横川〜軽井沢が廃線となり、熊ノ平信号所は廃止となった。



写真館へ戻る

Made with Document made with KompoZer