2011年7月の活動記録




コンテンツ一覧

トップヘ戻る
活動記録
写真館
伝書鳩
会規約
鉄 道喫茶「みち」
運転室展望映 像頒布
リンクページ

2011.07.29

 いつか重大な事故が起こるだろうと思っていたが、案の定起きてしまった。 23日夜、中国浙江省温州で高速鉄道が脱線、一部の車両が高架橋から落下した。 中国当局の発表によると、この事故で40人が死亡したという。

 この事故の経過で最も驚いたことは、中国政府の対応である。 何かしらの隠蔽工作は行われると予想していたが、車両を解体し地中に埋めたことや事故発生後1日半で運転再開したことには驚いた。 斜め上過ぎる行為だ。 更に、先行していたD3115列車に衝突したD301列車は、通常の運行ならばD3315列車の後の列車であったが、いつの間にか運行順序が入れ替わって いたこと、 運転士の研修期間が短く、10日間だったという例もあったことが明らかになった。

 中国共産党はこの事故を“なかったこと”にしたかっただろう。 今までならば中共の思惑通りだったかもしれない。 今回の事故の発生後、微博というtwitterに相当するサイトなどに事故に関する書き込みが非常に多く書きこまれた。 政府に批判的な書き込みも多い。 中共は批判的な書き込みは削除していたようだが全くと言っていいほど追いついておらず、 一度埋めた車両を掘り起したのはこの結果なのかもしれない。 メディアもこの事故を報じ、批判的な報道も行った。 報道規制が敷かれていたようだが、政府系メディア以外は批判的であったようだ。

 中国国民の怒りは未だに収まっておらず、民主化デモを起こす書き込みさえ現れたという(消されたようだが)。 国民の動向、中共の対応と事故の究明が気になるところだ。


2011.07.24

「信州鉄道ファンクラブ」で検索するとトップに表示されるが、それ以外で検索してもサッパリである。 他のキーワードで検索してもヒットするようにしたいものだ。


2011.07.15

初めての活動記録を書くとしよう。

HPを(とりあえず)立ち上げて3日となるが、未だに外部からの閲覧者数は0である。 GoogleやYahooで検索しても、少なくとも上位100以内では出てこない。 これでは来訪者がいないわけだ。 上位にはしなの鉄道のファンクラブが表示されるため難しいか…。 できれば1ページ目に表示させたいものだ。



活動記 録に 戻る

Document made with KompoZer